• ホーム
  • 糖尿病患者はカンジダに感染しやすいと言われている

糖尿病患者はカンジダに感染しやすいと言われている

血糖値が高くなると糖尿病と診断されるケースがありますが、このような病気の場合はカンジダや水虫など真菌性の感染症になりやすいと言うことができます。何故糖尿病になると他の病気に感染しやすくなるのか不思議に思う人もいるかもしれませんが、血糖値が上昇すると白血球の働きが弱くなるので免疫機能が上手く働かなくなり、白血球の働きの悪さは抵抗力が低下してしまうことにもつながるのです。そのため、カンジダや水虫のような真菌性の病気にかかりやすくなると言えます。糖尿病患者はカンジダ症になる傾向が高いと言えるので、その理由や対処法を知っておくことで病気になったり重症化しないように、気をつけておかなければならないでしょう。

糖尿病になると免疫機能が上手く作用しなくなります。そうすると、カンジダなどの感染症にかかりやすくなってしまう以外にも、感染した病気が重症化を引き起こしやすいという問題もあるのです。他の人であれば長引くことがなく数週間で治療できるような病気であったとしても、糖尿病を患っていることで数か月以上治療が必要となることもあります。治療を続けていても症状がなかなか改善されないことも多いですし、他の人よりも発見が遅れてしまうと重症化しがちなので、非常に危険であると言えるのです。

糖尿病である人はカンジダなどに感染する可能性が高いので、特にしっかりと予防を行っておかなければならないと言えるでしょう。カンジダは性行為が原因となって感染することもあるので、病原菌を保有している人とは性行為を行わないようにしたり、性行為を行う際には感染症予防としてコンドームを用いたりすることが大切です。性行動以外では、普段から免疫力や抵抗力を高めるような生活を送ることが必要であり、ストレスや疲労を溜めすぎないように注意したり、食生活を改善したりすることが大切だと言えます。

血糖値が高い人だけではなく、血糖コントロールが上手くいかない人もカンジダなどの感染症になりやすいということができるでしょう。いずれの場合も、なるべく感染を避けるためには普段から糖尿病が改善されるような取り組みを行うことが大切ですし、性感染症がうつってしまわないような行動を心がけることが重要だと言えます。すでに糖尿病を患っているという人は、血糖値の高まりで白血球の働きが悪くなり、カンジダや水虫など真菌性の病気になりやすいので、普段から抵抗力が低下しないように注意しておきましょう。

関連記事
赤ちゃんもカンジダに悩まされる!原因はおむつ!? 2019年12月09日

カンジダはある程度の年齢にならなければ感染しないと思っている人もいるかもしれませんが、これは赤ちゃんでもなってしまうことがある病気です。特におむつをつけている赤ちゃんが発症することが多く、その場合は乳児皮膚カンジダ症と診断されるでしょう。ただし、この乳児皮膚カンジダ症はおむつかぶれと症状がよく似てい...

カンジダのセルフチェックができるカンジダ検査キットがある! 2020年01月17日

カンジダ症に感染したかもしれないと思ったとき、すぐに専門病院に行くことができれば良いですが、様々な理由から異変を感じても医療機関を利用できないという場合もあります。たとえば、未成年であったりパートナー以外の人と性行為を行ったことが原因であったりすると、性病科や産婦人科などには足を運びづらいものです。...

男性の性器もカンジダに侵される!性器カンジダ症の恐怖とは? 2019年11月23日

カンジダ菌は女性の膣内に常在している菌であるということで有名なので、どちらかと言うと女性が感染する性病であると思っている人は少なくありません。しかしながら、男性であっても性器にカンジダの症状があらわれる性器カンジダ症になる場合があります。そのことを知っておかなければ、症状があらわれたときにカンジダで...

膣カンジダは市販薬でどこまで治療可能? 2019年11月03日

膣カンジダになってしまった場合は、治療薬を用いて症状を改善していかなければなりません。しかし、初めて感染したという場合は、どのような場所で薬を手に入れることができるのか分からないという場合もあるでしょう。膣カンジダ症を改善するための薬は、病院で処方してもらう以外には、ドラッグストアで市販されているも...

鵞口瘡(がこうそう)とも呼ばれる口腔カンジダ症の症状とは? 2019年10月19日

鵞口瘡は口腔カンジダ症のひとつであり、乳児の口内に症状があらわれます。ミルクカスのような白色の斑点が口内や唇にあらわれるため、病気ではないと思ってしまう人も多いです。また乳児検診などに参加したときに相談しても、症状が悪化していない場合はミルクカスだと判断されることも少なくありません。しかしながら、自...