• ホーム
  • 男性の性器もカンジダに侵される!性器カンジダ症の恐怖とは?

男性の性器もカンジダに侵される!性器カンジダ症の恐怖とは?

薬を飲む女性

カンジダ菌は女性の膣内に常在している菌であるということで有名なので、どちらかと言うと女性が感染する性病であると思っている人は少なくありません。しかしながら、男性であっても性器にカンジダの症状があらわれる性器カンジダ症になる場合があります。そのことを知っておかなければ、症状があらわれたときにカンジダではないだろうと決めつけてしまう可能性があるので、男性でも感染することがあることを知っておきましょう。

男性が性器カンジダ症になってしまう原因はいくつかあります。ひとつは性行為を行う際にコンドームを用いなかったことによって、カンジダ症の相手から感染してしまうというものです。もうひとつは糖尿病や包茎、ステロイド剤などの使用によって自己感染してしまうということが挙げられます。いずれの方法で感染した場合も、症状は同じようなものがあらわれることになるので覚えておきましょう。

性器カンジダ症になった男性は、亀頭部に自覚症状を感じるようになります。亀頭部に掻痒感や違和感を覚えるようになったり、亀頭部に白色苔が生じるようになったりするのです。掻痒感や違和感、湿疹は包皮にも起こることがあります。特に亀頭に湿疹や白色苔が生じた場合は目で見て分かる異変を感じることができるので、病気に感染したかもしれないという自覚症状を早く持つことができるでしょう。

カンジダ菌は抗真菌薬を用いて治療を行いますが、間違った治療薬を用いたりステロイド剤を使用していたりするという人は悪化しやすくなります。皮膚に湿疹などが生じたときにはステロイド剤で治療することもありますが、ステロイド剤で治るだろうと思って利用してしまうと、カンジダ菌が活性されて余計に症状が悪くなるのです。そのため、性器に違和感がある場合は、独断で治療薬を選ぶのではなく、まずは検査を受けて、診断された病気に応じた適切な治療薬を利用するようにしなければならないと言えます。

カンジダは女性だけが感染する病気ではありませんし、性行為の経験がない子供でも感染する恐れがあるある病気のひとつです。特に男性は包茎で包皮の内側が清潔に保たれていないことで発症してしまうというケースもあるので、性器やデリケートゾーンを清潔にしておくことが非常に大切だと言えます。性器カンジダ症になってしまうと、亀頭から白いカスが生じたり湿疹ができたりするだけではなく、尿道炎などの症状を引き起こす可能性がありますので、もしも感染してしまった場合はすぐに適切な処置が受けられるようにしてください。

関連記事
性病は温泉でも感染する可能性がある!?意外な感染経路とは? 2020年05月31日

性感染症は性行為のみで感染するものだと勘違いしている人は多いですが、実際のところ性病は性行為がなくてもうつってしまう可能性がある病気です。性病の種類によっては、温泉などの共用施設でも感染する可能性がありますから、どのような感染経路があるのかをきちんと知っておかなければ、知らず知らずのうちに病気になっ...

クラミジアの治療方法は?治療薬で治せる? 2020年04月26日

クラミジアは治療薬を用いることによって、症状を改善することができます。治療にかかる期間は数週間ほどであることが多いですが、これは症状がどれほど進行しているかによっても異なるので、具体的な治療期間は人によって違っているでしょう。治療法としては、クラミジアに効果のある抗菌薬を1日から1週間服用するという...

クラミジアという性病でも不妊になる可能性がある! 2020年03月19日

クラミジアは日本国内でも感染者数の多い性病のひとつですが、感染したまま放置してしまうとひどい症状を引き起こしてしまうことがあり、不妊症などの原因となることがあります。この性病は他の病気と比較しても自覚症状があらわれにくい病気ですが、感染の可能性に気づくことができなければ、放置してしまう可能性が高いの...

カンジダ治療中にステロイド薬の使用は禁止!なぜ? 2020年02月11日

カンジダの治療中は、ステロイド剤を使用してはいけないと聞いたことがある人もいるかもしれません。ステロイド剤は効果の高い治療薬として、様々な病気の治療に用いられているため、これによってカンジダ症も早く治すことができるのではないかと考える人もいるかもしれませんが、ステロイド剤を利用することによって症状が...

赤ちゃんもカンジダに悩まされる!原因はおむつ!? 2019年12月09日

カンジダはある程度の年齢にならなければ感染しないと思っている人もいるかもしれませんが、これは赤ちゃんでもなってしまうことがある病気です。特におむつをつけている赤ちゃんが発症することが多く、その場合は乳児皮膚カンジダ症と診断されるでしょう。ただし、この乳児皮膚カンジダ症はおむつかぶれと症状がよく似てい...