• ホーム
  • カンジダのセルフチェックができるカンジダ検査キットがある!

カンジダのセルフチェックができるカンジダ検査キットがある!

カンジダ症に感染したかもしれないと思ったとき、すぐに専門病院に行くことができれば良いですが、様々な理由から異変を感じても医療機関を利用できないという場合もあります。たとえば、未成年であったりパートナー以外の人と性行為を行ったことが原因であったりすると、性病科や産婦人科などには足を運びづらいものです。知り合いなどに目撃されたら困る、家族に知られたくないなどの事情があると、専門病院での検査は難しいでしょう。それ以外にも仕事が忙しくて病院の診療時間に足を運ぶことができない場合もあり、セルフチェックを行いたいと考える人は少なくありません。そのような方は、ネットで検査キットを購入することでカンジダ症に感染しているかどうかチェックしてみると良いでしょう。

カンジダのセルフチェックができるキットは、いくつかの方法で注文することができますが、最もおすすめの方法は検体を採取したものを送付すれば臨床検査が行われ、結果を知らせてくれるというサービスを利用することです。Amazonなどの通販サイトにも検査用品が販売されていることもありますが、あくまでも検査補助用品であったり、なかには完全にジョークグッズであったりもするので、Amazonなどを利用するよりは、しっかりとしたサービスを検討したほうが良いでしょう。まずは自分が利用したいと思うサービスを探して、検査キットの注文を行うと良いです。

検査キットを通販で注文したり利用したりする方法はとても簡単だと言えます。ネット上で注文したい商品を決めて購入すると、早ければその日のうちに、遅くても数日以内に商品が届けられるので、説明書に従って検体を採取するのです。採取した検体を郵送することによって、簡単に検査を行ってもらうことができます。検査結果に関しては郵送で通知するよりも、ネットやアプリで通知が来るケースのほうが多いと言えるので、郵便物が届いては困る人は、郵送の通知サービスがないものを選びましょう。

検査キットを利用すれば診察費用などを抑えることができるので、性病治療にかかる費用を削減することができますが、注意しておかなければならないこともあります。それは潜伏期間に検査をしても陽性反応が出ないということです。病気によっては自覚症状があっても抗体が検出されない期間や、潜伏期間であれば検査を行っても陰性反応となります。そこで陰性だったと安心しては性病を見逃すことになり大変危険だと言えるでしょう。性病かもしれないと思ったときは自覚症状からどの病気であるかを予想し、どのくらいの期間から正しい検査結果が出るのかを調べておくと良いです。

関連記事
性病は温泉でも感染する可能性がある!?意外な感染経路とは? 2020年05月31日

性感染症は性行為のみで感染するものだと勘違いしている人は多いですが、実際のところ性病は性行為がなくてもうつってしまう可能性がある病気です。性病の種類によっては、温泉などの共用施設でも感染する可能性がありますから、どのような感染経路があるのかをきちんと知っておかなければ、知らず知らずのうちに病気になっ...

クラミジアの治療方法は?治療薬で治せる? 2020年04月26日

クラミジアは治療薬を用いることによって、症状を改善することができます。治療にかかる期間は数週間ほどであることが多いですが、これは症状がどれほど進行しているかによっても異なるので、具体的な治療期間は人によって違っているでしょう。治療法としては、クラミジアに効果のある抗菌薬を1日から1週間服用するという...

クラミジアという性病でも不妊になる可能性がある! 2020年03月19日

クラミジアは日本国内でも感染者数の多い性病のひとつですが、感染したまま放置してしまうとひどい症状を引き起こしてしまうことがあり、不妊症などの原因となることがあります。この性病は他の病気と比較しても自覚症状があらわれにくい病気ですが、感染の可能性に気づくことができなければ、放置してしまう可能性が高いの...

カンジダ治療中にステロイド薬の使用は禁止!なぜ? 2020年02月11日

カンジダの治療中は、ステロイド剤を使用してはいけないと聞いたことがある人もいるかもしれません。ステロイド剤は効果の高い治療薬として、様々な病気の治療に用いられているため、これによってカンジダ症も早く治すことができるのではないかと考える人もいるかもしれませんが、ステロイド剤を利用することによって症状が...

赤ちゃんもカンジダに悩まされる!原因はおむつ!? 2019年12月09日

カンジダはある程度の年齢にならなければ感染しないと思っている人もいるかもしれませんが、これは赤ちゃんでもなってしまうことがある病気です。特におむつをつけている赤ちゃんが発症することが多く、その場合は乳児皮膚カンジダ症と診断されるでしょう。ただし、この乳児皮膚カンジダ症はおむつかぶれと症状がよく似てい...