心配している女性

カンジダは性感染症のひとつとして有名ですが、これは自然治癒することがありませんので、放置しておくと症状が悪化してしまいます。重症化してしまうと不妊症になることもあるので放置は危険だと知っておかなければなりません。早期発見することができれば適切な治療薬を用いて症状を改善することができますので、感染経路や症状について学び、当てはまる症状がある場合には、直ちに医療機関を受診するといった心構えが必要といえます。

カンジダは全身のあらゆるところに感染する

カンジダは身体のあらゆるところに症状が発生する性感染症です。感染経路としては性行為が原因となることもあれば、自己感染することもあったり、菌がついたものを口に含むことでも感染したりすることがあります。コンドームなしでセックスやオーラルセックス、アナルセックスを行った場合は、性器や咽頭に症状が発生することが多いです。自己感染としては、女性の膣内に常在しているカンジダ菌がストレスやホルモンバランスの乱れで異常増殖を起こすケースが多く、女性のデリケートゾーンに症状があらわれる場合が多いと言えるでしょう。

このように身体の至る部分が感染部位となってしまいますが、口腔内に症状があらわれる場合は、咽頭に痛みや腫れが生じる以外に口腔内に白いカスが付着したり水ぶくれのようなものができたりすることが多いです。男性の性器に症状があらわれた場合は、亀頭に赤みやただれが見られるようになったり、亀頭からポロポロと白いカスが出たりするというケースも非常に多いと言えます。女性のデリケートゾーンに感染した場合は、かゆみや炎症が生じる以外にもヨーグルト状のおりものが増加したり、強い排尿痛を感じるようになったり、性行為時に痛みを感じるようになったりするでしょう。また、男女ともに性器だけではなく肛門などに症状があらわれることもあります。

どういった場所に感染しているとしても、カンジダ症をそのまま放置していては症状が悪化してしまいますし、場合によっては不妊や重い病気の原因となることもあるので注意が必要です。放置しておいて自然に完治するということはありませんので、不妊などの重い症状を引き起こしてしまう前に、身体に何かしらの異変を感じたら病院で診察や検査を行い、治療薬を処方してもらって症状の改善を目指していくことが大切だと言えます。性病科以外に、男性は泌尿器科、女性は産婦人科でも診察してもらうことができますので、カンジダ症に感染した可能性があるという場合は、これらの病院に足を運ぶようにしましょう。もしもパートナーがいる場合は、ふたりとも感染している可能性もありますので、どちらかに症状がある場合は一緒に検査してみることも大切だと言えます。

カンジダの治療方法

カンジダの治療方法は、感染部位や症状によって異なります。もしも女性のデリケートゾーンに症状があらわれた場合は膣錠を利用することで、原因菌に直接的にアプローチするのですが、男性の性器に症状があらわれた場合は内服薬や外服薬を用いることになるでしょう。性別によっても異なるのですが、どの治療薬も菌の増殖を抑制するという効果を持っているものであり、そういった治療薬を利用することで体内に増殖した菌の繁殖を抑えて退治することで治療を進めていきます。

クリームタイプの外用薬を用いる場合は、カーネステンやラミシールが処方されるケースが多いです。カーネステンやラミシールはクリームタイプですので、患部に塗布することで原因菌を殺菌することで治療効果を発揮します。内服薬にはフォルカンが用いられることが多く、このフォルカンは口腔内の原因菌だけではなく、性器などの菌にもアプローチするので、膣錠を用いることができない男性が内服することでも改善することが可能です。

病院で診察や検査をしてもらった場合は、男性であればクリームタイプ、女性であればクリームタイプか膣錠が処方されることが多いと言えます。それでも効果がなければ内服薬に切り替えるという病院が多いと言えるでしょう。もしも初めから内服薬を服用したいのであれば、医師に相談して処方してもらうか、自分で個人輸入した治療薬を利用することになります。個人輸入を行う場合は、副作用が生じた場合は服用を中断したり、病院を受診したりしなければならないということを知っておきましょう。

外用薬や内服薬を正しく使用することで、病気を完治させることは可能です。これらの治療法はとても有効的であり、これまでに多くの感染者の症状を完治してきました。もしも感染してしまった可能性があるのであれば、すぐに性病科や泌尿器科、産婦人科などで診察をしてもらい、治療薬を処方してもらうようにしてください。早期発見から適切な治療方法を実施することができれば、長い期間苦しい思いをする必要がありませんし、なかなか治らない症状に困ってしまうということもありません。カンジダの疑いがある症状があらわれたら、すぐに病院を訪れるようにすると良いです。

記事一覧
性病の予防はコンドームが基本!オーラルセックスは控えよう! 2020年07月06日

性病に感染しないようにするためには、どのようなことに気をつければ良いか知っておく必要があります。性病を予防するためには、性行為を行う際にコンドームを使用するとい...

性病は温泉でも感染する可能性がある!?意外な感染経路とは? 2020年05月31日

性感染症は性行為のみで感染するものだと勘違いしている人は多いですが、実際のところ性病は性行為がなくてもうつってしまう可能性がある病気です。性病の種類によっては、...

クラミジアの治療方法は?治療薬で治せる? 2020年04月26日

クラミジアは治療薬を用いることによって、症状を改善することができます。治療にかかる期間は数週間ほどであることが多いですが、これは症状がどれほど進行しているかによ...

クラミジアという性病でも不妊になる可能性がある! 2020年03月19日

クラミジアは日本国内でも感染者数の多い性病のひとつですが、感染したまま放置してしまうとひどい症状を引き起こしてしまうことがあり、不妊症などの原因となることがあり...

カンジダ治療中にステロイド薬の使用は禁止!なぜ? 2020年02月11日

カンジダの治療中は、ステロイド剤を使用してはいけないと聞いたことがある人もいるかもしれません。ステロイド剤は効果の高い治療薬として、様々な病気の治療に用いられて...

赤ちゃんもカンジダに悩まされる!原因はおむつ!? 2019年12月09日

カンジダはある程度の年齢にならなければ感染しないと思っている人もいるかもしれませんが、これは赤ちゃんでもなってしまうことがある病気です。特におむつをつけている赤...

カンジダのセルフチェックができるカンジダ検査キットがある! 2020年01月17日

カンジダ症に感染したかもしれないと思ったとき、すぐに専門病院に行くことができれば良いですが、様々な理由から異変を感じても医療機関を利用できないという場合もありま...

糖尿病患者はカンジダに感染しやすいと言われている 2019年12月29日

血糖値が高くなると糖尿病と診断されるケースがありますが、このような病気の場合はカンジダや水虫など真菌性の感染症になりやすいと言うことができます。何故糖尿病になる...

男性の性器もカンジダに侵される!性器カンジダ症の恐怖とは? 2019年11月23日

カンジダ菌は女性の膣内に常在している菌であるということで有名なので、どちらかと言うと女性が感染する性病であると思っている人は少なくありません。しかしながら、男性...

膣カンジダは市販薬でどこまで治療可能? 2019年11月03日

膣カンジダになってしまった場合は、治療薬を用いて症状を改善していかなければなりません。しかし、初めて感染したという場合は、どのような場所で薬を手に入れることがで...